内祝いとお返しはどう違う?

内祝いにはお披露目の意味がある

内祝いもお返しも感謝の気持ちを伝えるために贈るものに変わりはありません。しかし、その2つの意味合いは実際には明らかに異なっています。お返しとは何かを頂いた時に、それに対するお礼として贈ります。一方、内祝いは家庭内に結婚や出産などのお祝いごとがあった際に、その祝い事を分かち合う意味で差し上げるものです。親戚やご近所へのお祝いごとのお披露目の意味も兼ねているため、相手からお祝いを頂いてなくても贈ることもあります。地域によっては、古くからの習慣で内祝いの品物が決まっているような場合もあるでしょう。親類などに配る場合はその土地の習慣に合わせた方が間違いがないといえるでしょう。昔ながらの縁起物に新しい品を加えて贈るなどの気配りも良いですね。

内祝いはのしをつけて心を込めて贈りましょう

内祝いの品物にはのしをつけてお渡しするのがマナーです。出産の場合なら、赤ちゃんの名前をのしに入れることで名前のお披露目にもなりますね。結婚の内祝いなら夫婦の名前をのしに入れておきましょう。その他にも新築祝いや快気祝いにも内祝いを配ることがあります。どちらも新築や病気回復の報告という意味合いがあるので、日頃お世話になっている親類や心配してくれた方々にはお知らせを兼ねてお渡しすると良いでしょう。 出産や結婚のお祝いを頂いている場合には、内祝いはその半額程度の品物が一般的です。結婚では、披露宴に参加して頂いた方には引き出物をお渡ししてあるので必要はありませんが、お祝いのみを頂いた方には内祝いを用意しましょう。お祝い事なので多少の時期の遅れはかまいません。感謝の心を込めた品物を選んで贈りましょう。