結婚内祝いの選び方

引出物とは違う!結婚内祝い

結婚式の引出物とは違って、相手の顔を思い浮かべながら贈り物を選べるのが結婚内祝いの良いところ。結婚式に出席できなかった人からお祝いを頂いたら、結婚内祝いを選ぶ準備に入りましょう。ご祝儀と一緒に贈り物を頂いた場合や、思わぬ高額のご祝儀を頂いた時にも、引出物とは別に結婚内祝いを贈ることを考えてみましょう。

結婚内祝いの品物は、引出物のように一貫して同じものを選ぶ必要はありません。結婚内祝いを選ぶ際は、贈る相手の家族構成や好みに合わせて贈り物を考えることがポイント。例えば、家族が多い相手に贈る場合、個包装のお菓子の詰め合わせはとても喜ばれるかもしれません。しかし独身の友人に食べきれないほどのお菓子を贈るのは考えもの。独身の友人には長持ちするお菓子や好みのお茶など、それぞれのライフスタイルに合わせた贈り物を選んであげたいですね。

結婚内祝いで避けたい贈り物は?

結婚内祝いを選ぶ時は、写真や名前の入った絵皿などは避けるのがベターです。顔や名前が入った食器をもらっても、飾るわけにも使うわけにもいかず困り果てる人は少なくありません。夫婦の写真や名前を入れたい場合は、形に残らないお菓子などの食べ物を選びましょう。また、好みが分かれるインテリア小物なども贈るのは避けたいところ。もらった相手が使い道に困ってしまうような贈り物は極力選ばないように気を付けましょう。 縁起を大切にしたい場合は、結婚内祝いには不向きとされる「割れもの」や「消えもの」とされる品物は避けましょう。しかし最近では「割れもの」であるグラス類は人気の内祝いギフトになり、お菓子や消耗品といった「消えもの」も喜ばれる内祝いのひとつになりました。昔ほど縁起を気にすることもなくなった昨今ですが、結婚内祝い選びに迷ったら、贈る相手を選ばないカタログギフトを選択することも賢い手だと言えるでしょう。