出産内祝いの選び方

出産後にバタバタ!慌てずに選ぶには

一般的に内祝いは、お祝いをいただいてから1ヶ月をめどに贈ると良いとされています。出産祝いは嬉しいけれど、慣れない育児の中で内祝いを選ぶのは大変と考える人も多いと思います。そこで、出産準備の一つとして、内祝いの目星をつけておくと良いでしょう。金額は半返しが基本ですので、事前に選んでおく場合は、価格帯で何パターンか見ておくと安心です。

年齢、性別、親密度、子供の有無などで、選び方も変わると思います。好みを知っている場合は、好みのものを選ぶのが良いでしょう。親戚などで好みがわからない場合は、洗剤やタオルなどの貰っても困らない消耗品が良いと思います。子供がいる家庭であれば、子供を意識したアイテム選びを心がけましょう。

ありがとうの気持ちを伝えよう

喜んでもらいたい、という気持ちが強すぎて迷ってしまう人も多いでしょう。しかし、内祝いで大事なのは、感謝の気持ちを伝えることではないでしょうか。お菓子を贈る場合も、名前を入れたものにするだけで特別感が出ると思います。どうしても選べないという時は、カタログギフトを贈るという方法もあります。

今はインターネットで注文した際に、メッセージカードが添えられる所が多いので上手に活用しましょう。赤ちゃんの名前のお披露目の場でもあるので、赤ちゃんの写真を入れたりして気持ちを込めましょう。ふりがなも忘れずに入れましょう。もし、直筆が良いという場合は、別送でお手紙を送るのもお勧めです。

忙しい時期ですが気分転換も兼ねて、内祝いを楽しく選べると良いと思います。