内祝いにはどんな種類がある?

内祝いをするシーンとは

内祝いとは、身内の中でおめでたいことがあったときに周りの人にも喜びをお裾分けする意味が込められた贈り物です。現在では、お祝いのお返しをするという形が多いですが「お返し」というと失礼にあたるため、内祝いとして感謝の気持ちを伝えるようになりました。もしも、お祝いをいただいていない人にまで内祝いを贈ると、お祝いを催促しているように取られてしまうかもしれないために、現在のような形になったと言われています。内祝いを贈るシーンは結婚や出産、新築祝いや企業の開業祝いなどです。結婚式では、披露宴での食事や引き出物が内祝いの代わりになります。出産や新築祝い、開業祝いの内祝いは、お祝いをいただいた分の半額くらいが目安です。

内祝いの選び方や方法

内祝いを選ぶには、日常的によく使うようなものがポイントです。タオルなどシンプルでありながら、自分ではあまり買わないような普段使っているものより値段が高めのものがよく選ばれています。親しい間柄となると、無難なものよりも相手の好みに合わせて少しオシャレなものを選ぶのも良いでしょう。相手の好みや趣味がわからないような場合は、食べ物や消耗品などを選ぶと多少好みに合わなくても大丈夫です。出産の内祝いなら赤ちゃんの体重と同じ重さのお米、家族がいる人には洗剤やお菓子などが喜ばれます。また、開業の内祝いは、お祝いパーティーに招待するという形でもOKです。新築祝いの場合も、お祝いしていただいた方を新居に招くだけでも内祝いになります。